ARCHIVE:立川直樹への永遠の質問

2006年 7~8月

8月31日 立川さんは知らない店で頼んだ食事の量が多すぎた時、ちょっとぐらいなら我慢しても残さないようにしようと思いますか? それとも自分の適量を死守しますか?
「おいしければ多少我慢しても食べるかな。 それは知らない店でも知ってる店でも余り関係ないと思う」

8月25日 あまりにも忙しくて、「なんでこんなに仕事を入れちゃったんだろう」と自分に腹が立つようなことってないですか? (もしあれば)そんな時、どうしますか?
「あーやれやれ・・・ とは思うけど、腹は立たないよ。 だってこれ、自己責任でしょ」

8月24日 (今の)立川事務所の“社風”って「永遠の少年たち」なのかな、という感じがします。 意識してそんなふうにしているところってありますか?
「僕自身がそうだからじゃないかな」

8月23日 少子化の影響で経営危機に陥る大学や専門学校が増えてきているようです。 これからの日本で、どんな学校が学生を引き寄せる力を持てると思いますか?
「教える人たちがきちんとして、カリキュラムがはっきりしてる学校だと思う」

8月22日 子供の頃、夏休みの宿題は早めに済ませる子でしたか? それとも8/31に泣きながらやってるタイプでしたか?
「余り記憶がないけど、小学校までは優等生だったからね。 ちゃんとやってたと思うよ」

8月21日 アーティストは「自分はアーティストだ!」という主張を、常に外に向かってするべき存在だと思いますか?
「基本的にはそう思う。 ただ間違っちゃうと、やばいけど・・・」

8月18日 特に好きな花火(華火っていうのかな)大会ってありますか? そして、特にこういう場所で見るといいよ、というようなこともあれば教えてください。
「花火はどこで見てもいいね。 ただ大会となると混雑がひどくて・・・ 今年は8月9日、諏訪の浜の湯の部屋から美佐さん(渡辺美佐)やミッキー・カーティスさんたちと見た諏訪湖の花火が素敵だった。 シャンパン片手にね」

8月17日 ネットでおもしろいイタリアのメタル・バンドを見つけたんですが、ヘヴィ・メタルって、イタリアでも盛んなジャンルなんですか?
「さあ、どうなんだろう? これは政則(伊藤政則)か酒井クン(酒井康)の領域だろう。 僕はメタルというとジューダス・プリーストあたりでとまっちゃてるからね」

8月9日 立川さんが「日本で一番好きな電車(汽車、モノレール・・・)」って何ですか?
「モノレールも好きだよ。 あと宇奈月から確かけやき平って名前の駅だったと思うけど、そこを走ってるトロッコ列車みたいなのがとても好き。 名前が思い出せないのは、歳とったからかなあ・・・」

8月8日 映画「クラッシュ」と「ミリオンダラー・ベイビー」の一番大きな違いって、どこにあるんでしょう?
「“クラッシュ”はストーリーがうまく入りくんでて、映画ならではの綾がある。 それに較べて“ミリオン・・・”は設定も展開も貧乏くさくて見え見えのところがすごく好きじゃない」

8月7日 仕事をする上において「大義」はどこにあるか、を常に意識していますか?
「そんな大仰には考えたことないけど、正直でいようとは思っているな」

8月4日 もしよろしければ教えてください。 今までに、(その時、目の前にいる女性と)「結婚、しようかな」と思ったこと、または「自分はこの人と結婚するのかな」と一瞬でも思ったことって何回くらいありますか?
「回数はわからないけど、けっこう映画とか小説みたいな恋をしたいと思ってるから・・・ね」

8月3日 (ぼくは運転しないのでよくわからないのですが)立川さんのようなライフスタイルや趣味嗜好の持ち主の方は、メルセデスって絶対乗らない車なんですか? それとも、いつか気が向けば乗ってもいいかな、ぐらいのものでしょうか?
「今のメルセデスは乗らないな」

8月2日 (「食べたい時がうまい持論」は今回はちょっと勘弁していただいて)ハヤシライス、立川さんの好きなお店はどこですか?
「満天星に文明堂、あと横浜の“梅・・・ナントカ”って店がおいしいと思う。 これもはまるとだけど・・・」

8月1日 立川さんは「避暑地」という言葉からどんな場所を思い浮かべますか?
「軽井沢、サントロペ・・・」

7月28日 「絶対的に優れた音楽」(美術、でもいいんですが)って、あると思いますか? あるとすれば、それはたとえばどんな音楽ですか?
「これはかなりあると思う。 リスト作れるくらいに。 例えばピンク・フロイドの“Shine On You Crazy Diamond” マイルス・ディビスの“スケッチ・オブ・スペイン” コルトレーンの“至上の愛” ・・・ 美術ものもキリがないと思う」

7月27日 立川さん、和服とか浴衣の帯って、自分でちゃんと結べますか?
「ちゃんとは結べない。 ある程度しか、僕の箸の使い方と同じね」

7月26日 変な質問ですが、立川さんとぼくって、どっちが「気分屋」だと思いますか?
「そりゃお前だろう。 こう言わないと、格好つかないだろう」

7月25日 「こんな女性って素敵だな」と思う女性をあまり考えず、直感的に言葉にしてください。
「『愛の嵐』のシャーロット・ランプリング、『暗殺の森』のドミニク・サンダ、この2人に尽きる」

7月24日 いわゆる「職人タイプ」のアーティストとそうじゃないアーティストって、どちらのほうが付き合いやすいですか?
「職人タイプかなあ? でも勢いの人も好きだから何とも言えないな」

7月21日 まるで「お守り」のように、これを身に着けていないと落ち着かない、というものってありますか?
「これまた何もない」

7月20日 プライベートの時間で使う日用品で気に入っているものってありますか?
「何もこだわってないからない。 以外でしょ・・・」

7月19日 「夏が来たな」と思うのはたとえばどんな時ですか?
「短パンに上半身裸で2CVを運転して、ああ夏だ!と思うとき。 これ最高に気持ちいい。 ボブ・マーリィなんかかけながらね」

7月18日 そういえば立川さん、リリー・フランキーさんの「東京タワー」って読みました? もし読んでいたら感想をお聞かせください。 ちなみにぼくはすごく好きです。
「読んでない。 読みたい本がたまってて、そこまでたどりつかない」

7月14日 もし不愉快または不適切な質問でしたら忘れてください。 「en-taxi」誌の「倶楽部亀坪」で「続続 シャングリラの予言」が“愛を込めた批判”をされていることについて、何かコメントしていただけませんか?
「バンドの久々の新作がパキッとしてない時にこの手のことよく言われたり書かれたりするよね。 でも彼等の言ってることは実に的を得てる。 シャングリアってやっぱり毎月やらないとテンションでない。 自分たちでもやや反省したから・・・ 本当に一度亀和田クンとセッションしたいね。 亀和田クンセッティングしてよ!!」

7月13日 「自家用車の運転手」を雇おうと思ったことって一回も無いですか? それは自分で運転したほうが気楽だからですか?
「考えたことはなくもない。 でも、車の中って本当に1人の時間を楽しめるからね」

7月12日 もしも立川さんの記憶にあるライブを、どんな昔のものでも映像で見られます(ただし1公演分だけ)と言われたら、どんなライブを選びますか?
「アニマルズの最初の日本公演!」

7月11日 町田市立国際版画美術館での、芳年と国周を中心とした企画展もさることながら、熊本市現代美術館では「生人形と江戸の欲望展」が開かれているようです。 タイトルからして立川さん好みだと思われますが、熊本までこのために行こうかな、と思いますか? それとも「ちょっと遠いなぁ」という感じでしょうか?
「生人形の数はどれくらいあるんだろう、10月22日までだったら何とか都合つけていきたいねえ。 7月16日の生人形鑑賞会っていうのを逃したのは実に残念!」

7月10日 立川さんは「文化人」と呼ばれる人々の一員なのでしょうか?
「どうなんだろうね?」

7月7日 「昔は良かったなぁ」と、ふと思うことってありますか? あるとしたら、それはどんな時でしょう?
「日ごとにその思いが強くなっている。 ケイタイとかメールとかの洪水状態もそうだし、もう、これは本1冊書けるくらい。 キャメロン、これ、最初の質問とかぶるんだけど、本当に一度きちんと話をしよう」

7月6日 それまで一緒に仕事をしてきた人が“時代からずれてしまう”ことって、あると思うんですが、そういう時って、少しずつ「あ、違うなぁ」という感じになるものですか? それとも何かしら印象的な“事件”が起きて、それをきっかけに気づくものですか?
「ケース・バイ・ケースでしょ、それは。 そして少しづつというより、久しぶりに会ったりして感じることの方が多いと思う。 “事件”というほど大きなきっかけじゃないね」

7月5日 立川さん、辞書は何を使ってますか?
「改めてみたら“三省堂国語辞典”だった。 そのくらいこだわりも何もない」

7月4日 そういえば立川さんって泡盛は飲むんでしたっけ? 「奄美の黒糖焼酎はおいしいと思った」と、おっしゃってたような気がしたんですが。
「焼酎って本当に苦手なんだよね。 奄美大島では他にロクな日本酒とかワインがなかったので、“気”というのを飲んだんだけど、これはいけるなって思った感じ・・・」

7月3日 スペインのワインやカバって、最近(また)良くなってきてるんでしょうか?
「非常によくなっていると思う。 連休明けに出かけたワシントンのシーフード・レストランで飲んだ“ARIA”という名前のカバは素晴らしかった。 コスト・パフォーマンスも含めて・・・」

Page Top▲

  • TOP
  • PROFILE
  • 立川直樹の内省日記
  • TIME WAITS FOR NOR ONE
  • WORKS
  • ARCHIVE
  • ABOUT THIS SITE