ARCHIVE:立川直樹への永遠の質問

2004年 3~4月

4月30日 「なんか、今日は仕事したくないな~」と思ってしまった朝、どうやって気持ちを切り替えますか?
「気持ちは切り替えない、ブルーな気分を映画の一場面のように逆に楽しんでしまう。それがストレスの少なさにつながっている・・・」

4月28日 「5月に食べたいもの」を一つ挙げてください。
「“飯田屋”の卵をもったどじょうのぬき鍋」

4月27日 ゴールデンウィークはどんなことをしていますか?
「4月が本当に忙しかったので、5月3日と4日の2日間キリン横浜ビアビレッジでプロデュースしている“ロックジャケット展”に付帯したトークイベントに出る以外は何も予定を決めないで過ごしたいと熱望している」

4月26日 日本の年金制度についてどう思いますか?
「僕は払っている。 国民健康保険とかと同じで義務(?)だと思っているし、そのシステムがどうとか考える時間と、脳のキャパシティがもったいない」

4月23日 男の「色気」とはどんなことによって醸し出されるものだと思いますか?
「言葉で説明しにくい感じがする。ただ時間やキャリアが作るものではないかとは思う・・・」

4月22日 日本という国から脱出したいと思うことはありますか?あるとしたらどんな時でしょう?
「たくさんある。 エレベーターでこちらが降りる前に乗ってくる人はいるし、階段で肩がぶつかっても “Excuse me …” ひとついえない人がほとんどだし、思う瞬間はたくさんある」

4月21日 怒りを堪える時って、なんかうまいやり方ってありますか?
「堪えるしかないでしょう」

4月20日 東京に住むという前提ですが、家は買うのと借りるのとどちらが良いでしょう?
「余裕があるのなら買うのもいいけど、ローンを組んであれこれ考えるのなら借りてる方が精神的に楽だなと思う」

4月19日 お中元とかお歳暮という慣習について何か思うことはありますか?
「とても不思議な・・・でも日本らしい・・・慣習」

4月16日 立川さんの「人の使い方の上手さ」のポイントはどんなところにあるのでしょう?
「打順なども含めて、野球のポジションを決めるのと似ているようなところがある。監督のつもりでシフトを決め、9回表裏の感覚で物事を進めていく・・・これ書く気になると、1冊本ができるかも知れない」

4月15日 自分は特殊な生活をしている人間だという自覚はありますか?
「ある!かなり!!」

4月14日 今、自分の毎日が充実していて楽しいのは、そういう日々を送ろうと努力した結果の必然だと思います?それとも運でしょうか?
「毎日が充実していて楽しいように見える?確かにまぁ充実はしているし、楽 しくなくはないけど、これでフラリと海に行ける余裕などあればいうことなし・・・そして、こういう時間を過ごせるというのは確かに言葉としては嫌いだけ ど、努力はしたろうし、人との出会いも含めて運もよかったんだと思う」

4月13日 京都で一見でも入れておいしいお店を(差し支えなければ)教えてください。
「居酒屋感覚で楽しめる“れんこんや”、おでんなら“蛸長”・・・」

4月12日 立川さんは今発売されている新譜の何割ぐらいを(一度は)聞いているんでしょうか?
「何割かはわからないけど、レコード会社の人が送ってくれる試聴CDは可能な限り聴くように努力している。でもこれも時間との戦い・・・」

4月9日 職場、学校に新人が入ってくるシーズンですが、そんな新人たちに一言メッセージを、と言われたら?
「TIME WAITS FOR NO ONE!」

4月8日 最近、ずいぶんいろんなことが起きていますが・・・。特に立川さんの印象に残ったニュースを挙げてください。
「スペインの列車爆破テロ・・・etc・・・とにかく世界は何でこんなに危険な情況になってしまったんだろうと嘆息する日々・・・」

4月7日 歴史上の人物とか出来事には興味があるほうですか?
「ある」

4月6日 今日のお昼ご飯は何でしたか?
「鰻。肝焼や肝佃煮、う巻にお重、ビールも飲んだ。日曜のお昼・・・ね」

4月5日 いわゆる「男子一生の仕事」とはどういう仕事のことを言うのでしょう。
「『仕事をひとつしか持たないのは売春婦と同じ・・・』というボリス・ヴィアンの言葉を中学3年の時に聞いて、これだ!と思った、人間に聞く質問じゃないと思う。話したことなかったっけ?キャメロン?」

4月2日 現在公開中~近日公開予定でお勧めの映画を挙げてください。
「『ディボース・ショー』 『真珠の耳飾りの少女』」

4月1日 人は年を取れば取るほど気難しくなっていくものでしょうか?
「なるね」

3月31日 現時点である程度定期的に行く、お気に入りの飲食店は何店ぐらいありますか?
「10軒ぐらいかなあ・・・。1食種1店舗的な考え方がベーシックにあるから・・・」

3月30日 立川さんが仕事に必要な体力をキープするために気をつけていることってありますか?
「“仕事に必要な体力”って何だろう? 自分がこれがいいなと思うペースで、変な我慢などせずに日々暮らすのが一番なんじゃないかな。ま、自分では夭折の人生に憧れていたところがあるから、やや生き過ぎなんだよね」

3月29日 立川さんにとって「まだ若いなぁ」と思えてしまう女性の年齢って、だいたいいくつくらいですか?
「女性の年齢で若いとか歳だなあという判断をしたことはないし、またできないと思う」

3月26日 トレンディ・ドラマもたまには見たりしますか?
「見ない。ただ、例外的というか、トレンディドラマの走り?とでも言うべき『離婚ともだち』は毎週その時間を楽しみにする感じで見た。自分でも不思議な気がする」

3月25日 「社会性がない」ってどういうことを指すんでしょう? 立川さんもご自分のことをそういう風に言ったりしますが、まあ一般論として。
「組織的団体行動ができないこと。これ全体論だけど、パソコンひとつとって みても、みんながやるからやるというような協調性もないし、ゴルフに代表されるつきあい何とかもまたできない。1人でシュノーケルやってるのが幸せなんて 言ってるんだから。これ社会性とは正反対のところにいると思うな」

3月24日 ドキュメンタリー(的な手法)の映画のベスト3を挙げてください。
「『ハート・オブ・ダークネス』、『ゆきゆきて神軍』、『夜と霧』 etc.. 3本は挙げたけど、絶対に忘れてるものはある。年間何とか?も含めてこの手の質問って辛い。人間の記憶って曖昧だもの。“今年の~”とか限定 されればまだ何とかなるけど。辞典のような厚さのリストを見なきゃ正確には答えられないよ」

3月23日 立川さんも自棄酒(やけざけ)を飲むことってありますか?
「ない。お酒に失礼だろう」

3月22日 今年はずいぶん開花が早そうですが、お花見の予定はありますか?
「ない。ただ、桜は一番好きな花で、開花予想を聞くとうきうきするし、車や新幹線での移動をはじめ、本当に飽きずに見続けていられる。車の移動で意図的に『あそこは良かったぞ・・・』というふうに道を選択するのが、ぼくの花見かもしれない」

3月19日 エンターテイメント関連のいわゆる「ヒット・チャート」はどの程度気をつけてチェックしていますか?
「気をつけてチェックなんてしたことは随分長いことない。何ヶ月に1回、たまにというか偶然SHOWBIZを見て、フウーン・・・という程度の感じ・・・」

3月18日 Va-toutの最近のおすすめメニューをひとつ教えてください。
「ヴィヤベース!これはすごい。リーズナブルだし、量も強力・・・」

3月17日 引越しは好きですか?
「嫌い!」

3月16日 北朝鮮で「あ、これ、おいしいじゃん」と思ったものってありますか?
「アヒルの焼肉。薄切りにしたアヒルの肉を焼いてレタスで巻いて、中に玉ネギをひとかけら入れて食べる。おいしい。また食べたい。『水晶水』っていう朝鮮焼酎もおいしかった。小さいペットボトルをあっためて飲むんだよ。これ本当にすごかった」

3月15日 自分は人を感化する力の強い人間だと思いますか?
「最近やや思い始めてはいる」

3月14日 好きなお蕎麦屋さんはどこですか?
「赤坂の砂場と浅草の並木薮。新興(?)の妙に気合いが入った蕎麦屋はちょっと苦手。そこまでやらなくてもって気がして・・・」

3月12日 一番最近「わりと良いな」と思った楽曲を教えてください。
「カサンドラ・ウィルソンが歌う『ベトナムブルース』」

3月10日 常に「positive thinking」をしようと心掛けていますか?
「変な質問だね。positive thinkingって、心掛けてやるもんでもないだろう・・・」

3月9日 突然ですが、ペット・ショップ・ボーイズって好きですか? 何となく、お好きなんじゃないかという気がしたんですが・・・。
「好きだよ! とても・・・」

3月8日 自分は「愛想のいい」人間だと思いますか?
「思わない。でも決して悪くもないだろう? キャメロン?」

3月7日 エンターテイメント・ビジネスはやはり特殊なビジネスだと思いますか?
「思う。絶対にそう思う」

3月6日 立川さん、子供は好きですか?
「一般的な人びとの子供との接し方や関わり方を見ると、好き!とは決して言えない。だからってべつに嫌いというわけでもない。でも、子供を売りにしてる映画や音楽って昔から非常に苦手だった」

3月5日 「『愛』の対立概念は『憎しみ』でなく『無関心』である」という言い方について、どう思いますか?
「あまりロマンティックな感じがしないね。でも憎しみよりはいいかな。ふとモラヴィアの『無関心な人たち』が読みたくなった・・・」

3月4日 比較的年が近い男女の間で「愛情に発展しない尊敬」というものは存在し得るものでしょうか?
「し得る!」

3月3日 会社勤めの同級生はそろそろリタイアし始めるころだと思うのですが、そういうお友達と話していて、何か感じるところはありますか?
「リタイアしようなんて考える友達と話すつもりはまったくないけど、格好いいリタイアをしたいとは30台半ばから思ってはいる・・・」

3月2日 だいぶ暖かくなってきました。立川さん、今特に好きな花ってありますか?
「桜!」

3月1日 「日経ビジネス」の類のビジネス雑誌を読むことってありますか?
「3行か4行以上読み進めない。日本語を異国の言語のように感じてしまう」

Page Top▲

  • TOP
  • PROFILE
  • 立川直樹の内省日記
  • TIME WAITS FOR NOR ONE
  • WORKS
  • ARCHIVE
  • ABOUT THIS SITE